フィラリアを予防する|ストロングハートプラスを購入するためには?/個人輸入代行の利用

フィラリアを予防する

いくつかの種類の薬

フィラリアに寄生された状態で放置してしまうと、ペットたちに大きな負担を与えてしまう危険があります。
時には命に関わる事態に陥ってしまうため、飼い主としてはなんとしてもフィラリアの駆除をおこないたいはず。
しかし、厄介なことに、症状が出るまでフィラリアに寄生されているのかどうかはわかりませんし、症状が出たら出たで、フィラリアが体内でかなりの段階まで成長していることを意味します。
こうならないためにも、蚊が発生する時期にはフィラリア予防薬を投与してあげ、フィラリアの侵入を未然に防いであげてください。

ストロングハートプラスにはイベルメクチンとパモ酸ピランテルという2種類の有効成分が含まれており、これらの効果によって愛犬の体内に潜んでいるフィラリアの幼虫を駆除することができます。
また、この駆除効果は1ヶ月間持続してくれますので、月に1度投与するだけで、今日強力な予防薬としても効果を発揮するのです。
フィラリアは顔を介して寄生してきますので、蚊が発生する時期から蚊がいなくなるまで、さらに万全を期すのであれば蚊がいなくなったあとの1ヶ月も投与してあげましょう。
蚊がいなくなってすぐに投与をやめてしまうと、まだフィラリアの幼虫が体内に残存している可能性があり、フィラリア症を引き起こしてしまう危険があるのです。

ただし、ストロングハートプラスを投与する場合、注意しなければいけない点があります。
ストロングハートプラスはフィラリアの幼虫に対して高い殺虫作用を持っていますが、成虫に対しては効果がありません。
そのうえ、フィラリアの成虫が体内にいる状態で投与してしまうと、ショック反応を起こしてしまい、ペットたちが危険な状態になることも…。
ストロングハートプラスを投与する場合は、必ず動物病院でフィラリアに寄生されていないことを確認してもらってから予防薬として投与するようにしましょう。