フィラリア症とは|ストロングハートプラスを購入するためには?/個人輸入代行の利用

フィラリア症とは

手の上の薬を見せる人

近年のペットブームにより、イヌを掻い始める人が増えています。
イヌは昔から人間と生活をともにしてきた動物として人気が高く、最もペットに選ばれやすい動物です。
小型犬から大型犬まで、犬種も年々増えており、みなさんの好みに合わせた犬種選びもしやすくなっています。
しかし、ペットを飼い始めた以上は、体調管理まできちんと責任を持っておこなってあげましょう。

イヌも人間同様、さまざまな病気にかかります。
ただ、人間と違って自分で治療のために行動することはできないため、もし少しでも愛犬に異変が起きたら、飼い主であるみなさんが迅速に対処しなければいけないのです。
イヌの病気の中でも特に気をつけておきたいのがフィラリア症でしょう。
この病気は有名かつかなり危険なモノですので、イヌをこれから飼う人、もしくはすでに飼っているけど知らないという人はぜひ覚えておきましょう。

フィラリアはイヌやネコの体内に寄生する寄生虫です。
蚊の体内に寄生していたフィラリアの幼虫が、吸血時に蚊からイヌ・ネコの体内へと寄生先を移すのです。
フィラリアの幼虫に寄生されただけであれば、まだ目立った症状が出ることはないため、気づくことは困難です。
しかし、この幼虫がペットたちの心臓部や肺動脈へ移動し、そこで成虫にまで成長されたときが問題なのです。
フィラリアの成虫は犬糸状虫とも呼ばれ、体長30cm以上にもなる糸状のカラダになります。
この状態になると人間の目でも確認できるほどの大きさなのですが、そんな大きさの寄生虫が血管内で成長してしまえば、当然血液の流れは悪化してしまいます。
それによって、呼吸困難や過度な咳、食欲不振や血尿を引き起こす恐れがあります。
これだけでもペットたちにとっては大きな負担となってしまうのですが、最も恐れられているのが、ペットたちの命を奪ってしまう可能性もあるということです。